行政や公的機関の業務を担うアイ・シー・アール

お問い合わせはこちら

アイ・シー・アールは
行政や公的機関の代行企業エイジェンシーです。


      6月18日に発生しました大阪府北部を震源とする地震により被災された皆様に
心よりお見舞い申し上げます。
   またこの度の平成30年7月豪雨により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

アイ・シー・アールはアイティフォー(東証一部上場)のグループ会社です

当社は、東証一部上場企業・アイティフォーのグループ会社です。アイティフォーは民間金融機関やノンバンク向けの債権管理システムを開発・提供しており、特に地方銀行では7割のシェアを獲得しています。

さらに、地方自治体における税金や国民健康保険などの滞納管理、電話催告のシステムを開発・提供するとともに、2012年からは催告業務自体を請け負うBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)分野へ業務範囲を拡大しています。

自治体向け各種管理システムを持つアイティフォーと、制度案内や勧奨、収納業務のノウハウに精通した人材を有するアイ・シー・アールは、公共分野における滞納整理、催告業務において協業し、その強みを相互に発揮することで、市民サービスの向上に貢献します。

ITFOR ICR

アイティフォーはこんな会社です

  • 1972年創業/東証一部上場
  • 日本初の債権催促を行う「オートコールシステム」を開発
  • 高収益企業として高評価を獲得
  • 金融機関・自治体向けソリューションなど、6つの事業を展開
  • URL:http://www.itfor.co.jp

行政・公的機関と市民との間に立つアイ・シー・アール

アイ・シー・アールのクライアントは、行政や公的機関です。これらの団体は、市民との間で良好なコミュニケーションを行い、市民サービスの向上を図ろうと日夜努力しています。税金や国民健康保険料などを遅延なく収納するには、制度に対する市民の理解を得る必要があり、それには、効率化や情報整理などのさまざまなノウハウが必要です。アイ・シー・アールは、長年にわたってそのノウハウを蓄え、業務を担える人材を育成しています。クライアントである行政や公的機関に代わって、DMや電話、訪問などの活動を通じて市民とのコミュニケーションを図り、制度を案内し、収納を代行します。本来、納められるべきものが納められることによって、制度が維持されるだけでなく、より良い市民サービスが提供でき、ひいては市民の生活がより豊かになり、生活満足度も向上する…という良い循環が生まれます。

行政・公的機関との間でコミュニケーションを担うアイ・シー・アール

アイ・シー・アールのサービスの3本柱は?

アイ・シー・アールは、官公庁や地方自治体、NHKなどの行政・公的機関に対し、次の3つの分野で代行支援を行っています。
市民サービスの向上に貢献すること、それがアイ・シー・アールの社会的使命です。

アイ・シー・アールの
3つの柱
  • 税金・国民健康保険料等の業務支援を行う
    行政支援サービス
  • 市民の健康管理を支援する
    社会保障支援サービス
  • 公共料金に関する
    訪問支援サービス

「サービス」詳細はこちら

アイ・シー・アールで働きませんか?

アイ・シー・アールでは、次の3つの職種で人材を求めています。20代から60代まで、性別や年齢に関わらず、多くの方が働いています。採用情報をご覧になり、ぜひお気軽にお問い合わせください。

  • 現地訪問員
    現地訪問員
    現地を訪問して、対象者の居住確認や文書の受け渡し、収納などを行います。
  • コールセンター員
    コールセンタースタッフ
    対象となる方に電話をおかけし、ご案内をしたり、お問い合わせに応える仕事です。
  • 市庁舎内窓口スタッフ
    庁舎内窓口スタッフ
    庁舎内に就業し、市の職員に代わって窓口業務に当たります。

「採用情報」詳細はこちら

アイ・シー・アールのあゆみ

アイ・シー・アールの創業は、1975(昭和50)年。大手クレジットカード会社の代行として、裁判所執行官とともに対象者の元へ出向き、執行立ち会いの業務を担っていました。大転換期が訪れたのは2005年。当時の小泉政権下において、「官から民へ」を掛け声に、これまで国のみが運営してきた公共サービスを、民間のサービス事業者を含めた競争入札によって、実施者を決定する仕組みとして、「市場化テスト」が導入されたのです。当社は、初の市場化テストにおいて、福岡の厚生年金事業を受託。ここを起点として、行政や公的機関のサービス代行を開始。市民サービスの向上を目指して、日々業務に励んでいます。

グループ会社

ITFOR 株式会社アイティーフォー 東証第一部上場4743

CVC シー・ヴィ・シー 企業調査、債権管理に関する調査義務

PICK UP

CARS キャルス CARS滞納管理システム
CARS電話催告システム

サガン鳥栖 公式HP アイ・シー・アールはJ1チームのオフィシャルスポンサーです

(c) 2015 ICR Co.,Ltd. All rights reserved

Dreams never hurt anybody if he keeps working right behind the dream to make as much of it become real as he can - Frank Woolworth, Entrepreneur